おせちの意味や由来とは

匠本舗 おせち 早割2017年

★お得情報!★
インターネット経由の方は、購入アンケートにある【当店を知ったキッカケ】で、『キーワード検索』を選んで下さい。送料・代引手数料が無料、さらにポイント5%進呈♪

おせちの意味や由来とは?

おせち 意味 由来

「おせち」の意味と由来についてですが、まず、「おせち」は漢字で書くと「御節」となります。
これは、元々、中国から伝わった五節供の行事に由来するもので、「御節供(おせちく、おせつく)」の略です。

 

奈良時代ごろから、朝廷内で節会(せちえ)として行われており、そこで参加者に供される食事を御節供(おせちく、おせつく)といいました。

 

この節会を一般庶民がならって、御節供も行うようになり、次第に一般庶民の間にも「御節供(おせちく、おせつく)」という言葉が広まりました。

 

そして、この「御節供(おせちく、おせつく)」は、最も重要とされる節句の正月料理のことを言うようになり、「御節(おせち)」に変化したものだと考えられています。

 

最終的に、「おせち」は、現在の「一年の初めに縁起の良いものを食べて、その年の開運や無病息災を祈願するもの」という意味になりました。


おせちに込められた意味とは?

一年の初めに食べるおせちですが、それぞれの料理には縁起を担いだ色々な意味が込められています。
それぞれの意味を解説しておきます。(ダジャレとどこが違うの?と思うこともありますが。。)

 

  • 黒豆:家族が「一年中まめ」に働き、「まめ(活発、元気)」に暮らせるようにという願いが込められた縁起がいい料理です。
  •  

  • 紅鮭の南蛮漬け:紅色で縁起がいい鮭に、南蛮漬けという、異文化をまぜているので、「新しいことへの挑戦」という意味を持ったおかずです。
  •  

  • 昆布巻き:こぶ(こんぶ)⇒「よろこぶ」の語呂合わせから縁起のよい食べ物とされており、おせち料理には欠かせないものです。
  •  

  • たたきごぼう:ごぼうが地中に深く根を張ることから、家がその地に根を張って安泰になることを願うという意味があります。箸休めに最適な料理でもあります。
  •  

  • 栗きんとん:その黄金の色から商売繁盛・金運アップなど、経済的な豊さを招くという、縁起の良いデザートです。
  •  

  • 伊達巻き、出し巻き卵:栗きんとんと同じ意味で、豊かさを表す縁起の良い一品です。
  •  

  • なます:これも、他の赤色の料理との対比から、めでたい料理。箸休めにおいしい一品でもあります。
  •  

  • お煮しめ:家族が仲良くいっしょに楽しく暮らせる、という意味があります。

 

おせちの関西と関東の違い

 

ここ数年、その「おせち」がみなおされ、おせちの販売量がかなりのペースで増えています。
理由としては、インターネット通販の冷蔵技術が発達した背景もあるのでしょうが、やはり、正月には縁起のよい豪華なものを食べて、その一年を気分良く過ごそうと考えている人が多くなっているようです。

 

カニをお得に買う方法
匠本舗が楽天で「かに本舗」という名前で「かに」を売っていますし、楽天で買えばポイントも付くのでお得です。

楽天市場かに本舗