おせちの関西と関東の違い

匠本舗 おせち 早割2017年

★お得情報!★
インターネット経由の方は、購入アンケートにある【当店を知ったキッカケ】で、『キーワード検索』を選んで下さい。送料・代引手数料が無料、さらにポイント5%進呈♪

おせちの関西と関東の違いとは?

おせち料理で関東と関西の違いは、何なのでしょうか?詰める料理とかも違うのでしょうか?

 

よく関東と関西の料理の味等が比較されますが、当然、おせち料理も関西と関東では、料理の内容も詰め方も異なります。
ちなみに、この違いの背景は、江戸と上方の文化の違いからくるものです。

 

祝い肴三種

一番大きな違いとしては、「祝い肴三種」の違いがあります。
祝い肴三種とは、「豊作、子孫繁栄、勤勉・健康と三つの願いが込められた料理」のことです。

 

  • 関東:ごまめ(田作り)、数の子、黒豆の3品
  • 関西:たたき牛蒡(ごぼう)、数の子、黒豆の3品
  • (一部の地方では、「ごまめ」もあります)

つまり、「数の子」、「黒豆」は関西も関東も同じなので、「ごまめ」と「たたき牛蒡」だけが違うというわけです。

 

お正月の魚

あとは、正月に食べる「魚」が違います。これは、おせち料理に入れることもあるので、入っている魚が違うということになります。

 

  • 関東:新巻鮭
  • 関西:鰤

あと、関西で有名な「睨み鯛」(鯛の塩焼きを元旦(三が日)食べずに飾る)は関東では見られません。

 

人気のおせち料理

これは、正確に言うと「おせち料理の違い」ではないのですが、関東と関西で明確に意見が分かれるところなので、挙げさせていただきました。

 

  • 関東:栗きんとん、伊達巻き、紅白蒲鉾
  • 関西:ごまめ、海老煮、くわい煮、たたきごぼう、棒だら

 

あとは、味付けの違いも有名です。
例えば、数の子の味付けに関しては、関東の濃口醤油と砂糖に対し、関西は薄口醤油と出汁(だし)で味をつけるという風に、うどんの味付けと同じ違いがあります。

 

 

「おせち料理」の関東と関西の違いは、あまり世間では騒がれませんが、結構、明確に違うものですね。
故郷の味ではなく、いつもと違ったおせちを家族で楽しんでみる、そんなお正月の過ごし方も、新しい発見があって良いかもしれません。

 

↓早割!最大21,000円引き↓

宝船「林裕人おせち」

 

顧客満足度96%

 

カニを買っている人に!
匠本舗が「かに本舗」という名前で「かに」を売っていますし、楽天で買えばポイントも付くのでお得です。

かに本舗 楽天